« 性転換倶楽部/性転換薬 XX (二) | トップページ | 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の壱 »

2019年5月 9日 (木)

性転換倶楽部/性転換薬 XX (三)

性転換倶楽部/性転換薬(ダブルエックス)
(三) 「社長、どうしますか?」  研究員の声で我に返った。  いかん、いかん。いつの間にか過去の思い出に浸っていたようだ。  さて、誰も臨床実験はだめだとなると……。  この部屋の中にいる者の中で唯一、女になってもそれほど困らない人物といえば一 人しかいない。 「そうだな……仕方がないか。実験台には私がなろう」 「ええ!?」  一斉に驚く他の三人。 「ちょっと待ってくれよ、親父。親父の道楽にはもう驚かないけどさ、自分自身が女 性に変わっちゃったら、社長業はどうするんだよ」 「社長が、女性ならまずいのか?」 「別に女性が悪いというのじゃないよ。性転換したということが問題なんだよ。その 親父が社長というのも……」 「逆に宣伝になっていいんじゃないか? 『性転換薬ができました。その効能は社長 自ら証明します』ってのはどうだい?」 「まずいよ。性転換は日本社会ではご法度なんだよ。奇異な目で見られて営業に支障 がでるよ」 「私は、そう思わないぞ。日本だけを見て考えるからいけないんだ。性転換薬は世界 中の性同一性障害者には、夢の薬となる朗報なんだから。ゲイや性転換が認められて いるのは、世界的な兆候となっているんだ。狭い日本にばかり気を取られていないで、 世界に目を向けろ」  英二は徹底的に反対するつもりだ。まあ、それもそうだろうな。社長といっても、 現在の私は産婦人科医や闇の臓器移植担当医としての仕事の方が多い。実際に会社を 動かしているのは、代表取締役専務の英二なのだから。だから会社の信用に関わる事 には神経を尖らせている。 「とにかくもっとよく考えてからにしろよ」  その言葉を聞いて、研究員が間を割ってきた。 「あの……すみません。この薬、日持ちしないんです。調合したら六時間以内に使用 しないとすぐだめになるんです」  研究員が申し訳なさそうに切り出した。 「なに? それじゃあ……」 「だから、急を要しているんです」 「また作ればいいじゃないか」 「駄目なんです。調合素材の中には五年掛りで集めた天然素材もありまして、作り直 すとなると、また五年ほど掛かることになります。一応化学合成やバイオ技術による 生産ができないかと暗中模索でやってはいるのですが……」 「五年も待つのか……下手すりゃ、他企業に先を越されるかもしれないな。どこで企 業秘密が漏洩しないとも限らないからな。あ、いや、君が漏らすとは言ってないよ。 自分の娘のように思っている者を疑うわけが無いだろう」 「しかし、臨験の相手もいないのに、なぜ調合してしまったんだ? 見つかってから でもよかっただろう」  英二が詰問した。 「すみません。チンパンジーへの投与量から推測して、人間に投与する適量が判明し たもので、嬉しくなってつい……」 「調合してしまったというわけか」 「はい」 「しようがないなあ……」 「申し訳ありません」  彼女は優秀なのだが、少々そそっかしいところがある。まあ、お茶目で可愛いから、 つい許してしまう。  そう言えば、彼女を結婚させるにあたり、相当苦労させられたものだ。  彼女の給与(結構高給なのだ)に見合うだけの能力のある社員を探して見合いさせ た。当初彼の両親は勘当された娘などとの結婚に反対していたのであるが、社長であ る私の肩書きに押されて、しぶしぶ結婚を承諾する事になった。素直に従っていれば、 息子の昇進に繋がると判断したようである。  それから今度は、嫌がる彼女を引き連れて両親の所へ赴いて、結婚の受諾を受ける。  母親は、彼女の姿を一目見るなり、 「あたしは、こんな子に育てた覚えはないよ」  といって一晩中泣き明かされた。  彼女は生まれついての性同一性障害者だったらしい。子供の頃から女装していたと いうから年期はそうとうのものである。父親も諦めの心境にあったようで、結婚は許 すが式には出席しないと言った。手応えを感じた私は、この父親に重点的に説得を繰 り返して、何とか結婚式への出席の同意を取り付けたのである。
ポチッとよろしく!
11
性転換倶楽部/性転換薬(ダブルエックス)
(三) 「社長、どうしますか?」  研究員の声で我に返った。  いかん、いかん。いつの間にか過去の思い出に浸っていたようだ。  さて、誰も臨床実験はだめだとなると……。  この部屋の中にいる者の中で唯一、女になってもそれほど困らない人物といえば一 人しかいない。 「そうだな……仕方がないか。実験台には私がなろう」 「ええ!?」  一斉に驚く他の三人。 「ちょっと待ってくれよ、親父。親父の道楽にはもう驚かないけどさ、自分自身が女 性に変わっちゃったら、社長業はどうするんだよ」 「社長が、女性ならまずいのか?」 「別に女性が悪いというのじゃないよ。性転換したということが問題なんだよ。その 親父が社長というのも……」 「逆に宣伝になっていいんじゃないか? 『性転換薬ができました。その効能は社長 自ら証明します』ってのはどうだい?」 「まずいよ。性転換は日本社会ではご法度なんだよ。奇異な目で見られて営業に支障 がでるよ」 「私は、そう思わないぞ。日本だけを見て考えるからいけないんだ。性転換薬は世界 中の性同一性障害者には、夢の薬となる朗報なんだから。ゲイや性転換が認められて いるのは、世界的な兆候となっているんだ。狭い日本にばかり気を取られていないで、 世界に目を向けろ」  英二は徹底的に反対するつもりだ。まあ、それもそうだろうな。社長といっても、 現在の私は産婦人科医や闇の臓器移植担当医としての仕事の方が多い。実際に会社を 動かしているのは、代表取締役専務の英二なのだから。だから会社の信用に関わる事 には神経を尖らせている。 「とにかくもっとよく考えてからにしろよ」  その言葉を聞いて、研究員が間を割ってきた。 「あの……すみません。この薬、日持ちしないんです。調合したら六時間以内に使用 しないとすぐだめになるんです」  研究員が申し訳なさそうに切り出した。 「なに? それじゃあ……」 「だから、急を要しているんです」 「また作ればいいじゃないか」 「駄目なんです。調合素材の中には五年掛りで集めた天然素材もありまして、作り直 すとなると、また五年ほど掛かることになります。一応化学合成やバイオ技術による 生産ができないかと暗中模索でやってはいるのですが……」 「五年も待つのか……下手すりゃ、他企業に先を越されるかもしれないな。どこで企 業秘密が漏洩しないとも限らないからな。あ、いや、君が漏らすとは言ってないよ。 自分の娘のように思っている者を疑うわけが無いだろう」 「しかし、臨験の相手もいないのに、なぜ調合してしまったんだ? 見つかってから でもよかっただろう」  英二が詰問した。 「すみません。チンパンジーへの投与量から推測して、人間に投与する適量が判明し たもので、嬉しくなってつい……」 「調合してしまったというわけか」 「はい」 「しようがないなあ……」 「申し訳ありません」  彼女は優秀なのだが、少々そそっかしいところがある。まあ、お茶目で可愛いから、 つい許してしまう。  そう言えば、彼女を結婚させるにあたり、相当苦労させられたものだ。  彼女の給与(結構高給なのだ)に見合うだけの能力のある社員を探して見合いさせ た。当初彼の両親は勘当された娘などとの結婚に反対していたのであるが、社長であ る私の肩書きに押されて、しぶしぶ結婚を承諾する事になった。素直に従っていれば、 息子の昇進に繋がると判断したようである。  それから今度は、嫌がる彼女を引き連れて両親の所へ赴いて、結婚の受諾を受ける。  母親は、彼女の姿を一目見るなり、 「あたしは、こんな子に育てた覚えはないよ」  といって一晩中泣き明かされた。  彼女は生まれついての性同一性障害者だったらしい。子供の頃から女装していたと いうから年期はそうとうのものである。父親も諦めの心境にあったようで、結婚は許 すが式には出席しないと言った。手応えを感じた私は、この父親に重点的に説得を繰 り返して、何とか結婚式への出席の同意を取り付けたのである。
ポチッとよろしく!
11

« 性転換倶楽部/性転換薬 XX (二) | トップページ | 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の壱 »

性転換・女性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性転換倶楽部/性転換薬 XX (二) | トップページ | 妖奇退魔夜行/胞衣壺(えなつぼ)の怪 其の壱 »