« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第二章 ミスト艦隊 XIV | トップページ | 性転換倶楽部/性転換薬 XX (一) »

2019年5月 6日 (月)

性転換倶楽部/響子そして 大団円(最終回)

響子そして(覚醒剤に翻弄される少年の物語)R15+指定 この物語には、覚醒剤・暴力団・売春などの虐待シーンが登場します
(三十三)大団円(最終回)  舞台稽古に向かっていたあの日。  あの舞台は演じられることなくお蔵入りになったはずだった。  しかし、わたしの人生という舞台においてそれはすでに開幕し着々と進行していた のだった。裕福だったわたしが、少年刑務所で娼婦となり、明人という王子さまが登 場して婚約。組織抗争という戦争で死んだと思われた王子さまは、生きて戻って来た。  そして今、舞台は大団円を迎え、娼婦だったわたしは、憧れの王子さまとの結婚式 に臨んでいる。  ついにその日を迎える事ができた。  軽井沢別荘近くにある教会。  わたしと里美、そして由香里と三人娘。花嫁の控え室で真っ白なウエディングドレ スに身を包んでいる。里美の縁談もまとまってこの日を迎えることができた。何せ、 最初に縁談を持ってきたのは相手の方、花婿が社内一の美人な里美に一目惚れ、黒沢 英子という資産家のバックボーンもあれば、まとまらないはずがなかった。その後の 交際で里美もその見合い相手を気に入り、相思相愛となっていた。何度か見たけど、 結構いい男って感じね。  里美と由香里には母親が付き添って化粧などを手伝ったりしている。母娘共々、本 当に幸せそうな顔をしている。  わたしには母親がいなかった。代わりに屋敷のメイドが数人来ている。  母親をその手に掛けたのは自分自身だった。  哀しかった。  この姿を母親に見てもらいたかった。  今ここに生きた母親を連れて来てくれたなら、何千億という財産のすべてを差し出 してもいい……。しかしそれは適わぬ夢。いくら英子さんでも灰になってしまった母 親を生き返らせてくれることはできない。 「お姉さん、大丈夫?」  里美が声を掛けてきた。  長らく一緒に暮らしているから、わたしの一喜一憂を感じ取ることができる……み たいだ。 「表情、ちょっと暗いよ」 「そう見える?」 「うん……」  そうよ。  わたしが哀しい表情をしていると、里美まで哀しい思いをさせることになる。 「ちょっと昔のことを思い出してたからかな……」 「あの……お母さんを殺した……?」 「ええ、でも……もう、どうしようもないのよね……」  思わず涙が出てきた。  それは、母親を手にかけたあの時の涙……のような気がした。  ああ、こんな時にだめだよ。そう思えば思うほど涙が溢れてくるのだった。 「お姉さん。泣いちゃだめだよ」 「そういう、あなたこそ泣いてるじゃない」  里美は涙もろい。人が泣いているとすぐにもらい泣きする。 「だって、お姉さんが泣いているから」  そうだ。  いつまでも過去の涙を流し続けているわけにはいかない。  麻薬取締官の真樹さんにも言ったじゃない。 「もう気にしていないわ。過ぎてしまったことは仕方ありませんから。楽しい思い出 だけを胸に、前向きに生きていきたいと思っています」  ……と。 「ごめん、ごめん。泣いている場合じゃないわよね」 「そうだよ。これから幸せになるんだからね」  その時、真菜美ちゃんが三人の花婿達そして祖父を連れて入ってきた。 「じゃーん! 花婿さんを連れてきたわよ」 「わーお。きれいどころが三人もいる。素敵だあ」  わたしの夫となった磯部秀治の姿もあった。  磯部家を残したかった祖父の希望を入れて、磯部を名乗ることにしたのだ。祖父の 養子として入籍したのではなく、婚姻届で夫婦名の選択で磯部を選んだのだ。元々柳 原は他人の名前だから、何の未練もないと言ってくれた。 「なんだ、泣いていたのか?」 「うん。お母さんのこと考えてたら、つい……」 「その気持ちは俺にも判るよ。しかしいつまでも過去にばかりこだわっていちゃだめ だよ」 「判ってるわ」  結婚式がはじまった。  荘厳なオルガンの演奏される中、わたしはおじいちゃんに誘導されてバージンロー ドを、神父の待つ教壇に向かって歩いている。その後ろには、同じように里美と由香 里が続いている。誰が先頭を行くかというので一悶着があったが、結局歳の順という ことで決着した。婚約順とか若い順とか、わたしは意見したのだが、歳の順という二 人に負けた……。言っとくけどわたしは再婚なんだからね。  教壇の前に立つ秀治の姿が目に入った。  おじいちゃんが抜けて、わたしは秀治の隣に立つ。他の二人も両脇の新郎にそれぞ れ並んだ。    真樹さんもその隣に、恋人と仲良く並んで座っている。英子さんが招いたようだ。 英子さんにとっては、わたし達も真樹さんも、自ら臓器移植を手掛けた患者はすべて、 大切なファミリーの一員と考えているのだ。  曲が変わって、結婚の儀がはじまった。  よくあるような祝詞が上げられ宣誓の儀を経て誓いのキスとなった。 「それでは三組の新郎新婦、誓いのキスを……」  三人の花婿が一斉に花嫁と向かい合った。秀治が覆っているベールを上げて唇を近 づけてくる。静かに目を閉じそれを受け入れるわたし。  場内にどよめきがあがった。 「神の御名において、この三組の男女を夫婦と認める。アーメン」  結婚式は滞りなく終了し、わたし達三人は、晴れて夫婦となった。  教会の入り口で、参列者から祝福を受けるわたし達。  親戚一同、会社の同僚達が集まって、歓声をあげている。 「三人ともきれいだよ」 「お幸せにね」 「ブーケ、お願い」  わたし達花嫁はそれぞれブーケを手にしている。恒例のブーケ投げだ。それを受け 取ろうと未婚の女性達が群がっていた。  わたしの視界に、ブーケ取りの群衆から少し離れたところにいる真樹さんの姿が映 った。隣には敬さんの姿もある。真樹さんは、敬さんと結婚するつもりみたいだから、 ブーケ取りには参加しないのかな。  その敬さんに向けてブーケを投げるわたし。強く投げ過ぎたブーケは弧を描いて、 敬さんの頭上を通り過ぎるが、軽くジャンプしてそれを受け止めてくれた。それを真 樹さんに手渡して、頬にキスをした。 「もう……いきなり、何よ」  怒ってる。でも本気じゃない。 「何だよ、ほっぺじゃ嫌か。それなら」  抱きしめて唇を合わせる敬さん。  おお!  公衆の面前で唇を奪われて、しばし茫然自失の真樹さんだったが、気を取り戻して、  パシン!  敬さんに平手うちを食らわした。 「もう! 知らない!」  頬を真っ赤に染め、すたすたと会場を立ち去っていく。敬さんがあわてて後を追う。 真樹さんが、会場出口付近でふと立ち止まり、ブーケを持った手を高く掲げて叫んで いた。  サンキュー!  声はここまで届かなかったが、そう言ってるみたいだった。 「敬さんと仲良くね。今度のヒロインは真樹さん。あなたなんだから」  わたしは心の中でエールを送った。
ポチッとよろしく!
11

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第二章 ミスト艦隊 XIV | トップページ | 性転換倶楽部/性転換薬 XX (一) »

性転換・女性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第二章 ミスト艦隊 XIV | トップページ | 性転換倶楽部/性転換薬 XX (一) »