« 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 警視庁組織改編(R15+指定) | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 磯部京一郎(R15+指定) »

2019年4月16日 (火)

性転換倶楽部/特務捜査官レディー 特務捜査課(R15+指定)

特務捜査官レディー(R15+指定) (響子そして/サイドストーリー)
(五十)警察庁特殊刑事部特務捜査課  その朝、麻薬取締部目黒庁舎に赴いたわたしは課長に呼ばれた。 「真樹君。非常に特殊なケースなのだが、君の警察庁への出向が決定した」 「警察庁へ出向……? どういうことですか?」  敬をまみえて、麻薬取締官と地方警察が一致団結して、売春組織&覚醒剤密売組織 を壊滅させたことと、例の生活安全局局長押収麻薬・覚醒剤横流し事件と合わせて、 縦割り行政によらない新しい組織の発足が促されたというのである。  警察庁特殊刑事部特務捜査課。  これが新しく発足した組織名だ。  警察庁はもとより、厚生労働省麻薬取締部・財務省税関・海上保安庁・東京都警視 庁/福祉保険局/知事局治安対策本部などから、麻薬・銃器取締や売春(人身売買)取 締にあたる捜査官が集められた。 「一応階級は巡査部長待遇ということになっている。君は国家公務員採用試験I種行 政の資格を持つ国家公務員だから、本来ならキャリア組としての警部補からスタート しても良いはずなのだが、出向組ということで巡査部長からということになった。ま あ……実情を話せば君が女性ということなんだ。警察というところは、今なお男尊女 卑的な部分があって、女性の配属されるのは交通課と決まっている。そもそも警察官 は初任配属先は地域課もしくは交番勤務と人事規定され、キャリアでも最初は地域課 に配属されるのだが女性警官の場合は原則的に交通課なのだ。実際に危険が伴う部署、 いわゆるおまわりさんと呼ばれる交番勤務などは全員男性だ。一般的な地方警察職員 は地方公務員で、警視正以上になってはじめて国家公務員扱いとなる。つまり資格か ら言えば君は地方警察ならば警視正と同等以上ということになるのだが、いかんせん 麻薬取締部と警察では、その構成員の数が一桁も二桁もまるで違う。警視正と言えば、 警察庁の各警察署長や地方警察本部方面部長にも任命されようかという地位で、その 配下に収まる警察職員は数千人から数万人規模にもなる。そんな地位にいくらなんで も、大学出たばかり麻薬取締官ほやほやの君が就任できるわけがない。双方の構成員 と部下として動かせる人員から考えて、巡査部長待遇が順当という線で落ち着いた。 どう思うかね」  課長の長い説明が終わった。 「巡査部長ですか……」 「不満かね?」 「いえ、そんなことはありません。巡査でも身に重過ぎるくらいです」 「まあ、そう言うな……。国家公務員がいくらなんでも平巡査待遇では、麻薬取締部 の沽券(こけん)に関わるからな。これだけは譲れないというところだ。本来なら警 察大学校卒同様に警部補あたりからはじめてもいいのだがな」  警部補といえば地方警察署の課長クラスである。  わたしとしては、別に平巡査でも構わないと思っている。  何せ前職の時の階級は巡査だったもの。  敬は日本に帰ってきて、研修を終えたと言う事で巡査部長に昇進したけどね。  生死の渕を乗り越え、特殊傭兵部隊で鍛えられたんだから、それだけのお手盛りが あってもいいだろう。  しかしわたしは……。  何もしていない。  先生に救われて斉藤真樹として生まれ変わって、女子大生として気楽に生活してい ただけだから。    なんにしても、警察庁出向か……。  元の鞘に納まるという感じがなきにしもあらずである。 「ああ、それから君の友達の沢渡君も一緒だよ」 「敬もですか?」 「ああ、何せ我々と一緒にこれまでの事件を解決してきた功労者でもあるし、組織改 革を上申して新組織の発足を促した本人だからね」  そうだったわ。  以前からずっと、上層部に上申してきたんだったわ。  それがやっと認められたということ。 「ところで個人的な質問なんだが……」 「何でしょうか?」 「君と彼は、随分親しいようだが」 「ええ、婚約しています」 「そうか、やっぱりね」 「何か問題でも?」 「いやなにね、結婚となると寿退社するんじゃないかと思ってね」 「大丈夫です。結婚しても、この仕事は続けます。もっとも妊娠すれば、出産・育児 休暇を願い出ると思いますけど」 「そうか……。安心したよ。君みたいな優秀な職員を失うのは、局の一大損失になる からね」 「ありがとうございます。そう思って頂けていると思うと光栄です」 「まあね……」  一般の会社なら、育児休暇を好ましく思っていない所も少なくなく、退職を勧めら れたり、復帰しても居場所がなくなっているということも良くあることである。  しかしわたしの所属する麻薬取締部は厚生労働省内の一部局である。  男女雇用均等法やら育児休暇促進委員会とかが目白押し。  「寿退社」という慣用句で、女性を退職に追いやることは不可能だ。 「それで、警察庁へはいつから出向ということになりますか?」 「来週の月曜からだ。その日に直接その足で警察庁へ赴きたまえ」 「判りました」 「それから、新しく君に交付された警察手帳を渡しておこう」 「警察手帳ですか?」 「麻薬取締官としての身分と、警察庁職員としての身分の双方を記してある、特別誂 えの手帳だ。君の今持っている警察手帳と交換してくれ」 「はい」  わたしは、現在持っている麻薬取締官証と引き換えに、その新しい警察手帳を受け 取った。  開いてみると、最初のページは今まで通りの麻薬取締官証と同じものであった。次 のページを開くと懐かしい警察手帳の図案が飛び込んできた。中身の様子は、上部に は顔写真、階級、氏名、手帳番号が書かれた証票、下部には警察庁という名と、POLI CEの文字が入った金色の記章(バッチ)がはめ込まれている。ちなみに大きさは縦10. 8センチ、横6.9センチ。 「なるほど、巡査部長になってるわ」 「これで君は、あらゆる警察犯罪を取り締まることができるようになったわけだ。し っかり心して任にあたってくれたまえ」 「判りました」  警察流の敬礼をしてみせるわたしだった。  今後はそういうことも多くなるだろう。 「もちろん麻薬取締官としての自覚と任務も忘れないでくれ」 「はい」
ポチッとよろしく!
11
特務捜査官レディー (響子そして/サイドストーリー)
(五十)警察庁特殊刑事部特務捜査課(R15+指定)  その朝、麻薬取締部目黒庁舎に赴いたわたしは課長に呼ばれた。 「真樹君。非常に特殊なケースなのだが、君の警察庁への出向が決定した」 「警察庁へ出向……? どういうことですか?」  敬をまみえて、麻薬取締官と地方警察が一致団結して、売春組織&覚醒剤密売組織 を壊滅させたことと、例の生活安全局局長押収麻薬・覚醒剤横流し事件と合わせて、 縦割り行政によらない新しい組織の発足が促されたというのである。  警察庁特殊刑事部特務捜査課。  これが新しく発足した組織名だ。  警察庁はもとより、厚生労働省麻薬取締部・財務省税関・海上保安庁・東京都警視 庁/福祉保険局/知事局治安対策本部などから、麻薬・銃器取締や売春(人身売買)取 締にあたる捜査官が集められた。 「一応階級は巡査部長待遇ということになっている。君は国家公務員採用試験I種行 政の資格を持つ国家公務員だから、本来ならキャリア組としての警部補からスタート しても良いはずなのだが、出向組ということで巡査部長からということになった。ま あ……実情を話せば君が女性ということなんだ。警察というところは、今なお男尊女 卑的な部分があって、女性の配属されるのは交通課と決まっている。そもそも警察官 は初任配属先は地域課もしくは交番勤務と人事規定され、キャリアでも最初は地域課 に配属されるのだが女性警官の場合は原則的に交通課なのだ。実際に危険が伴う部署、 いわゆるおまわりさんと呼ばれる交番勤務などは全員男性だ。一般的な地方警察職員 は地方公務員で、警視正以上になってはじめて国家公務員扱いとなる。つまり資格か ら言えば君は地方警察ならば警視正と同等以上ということになるのだが、いかんせん 麻薬取締部と警察では、その構成員の数が一桁も二桁もまるで違う。警視正と言えば、 警察庁の各警察署長や地方警察本部方面部長にも任命されようかという地位で、その 配下に収まる警察職員は数千人から数万人規模にもなる。そんな地位にいくらなんで も、大学出たばかり麻薬取締官ほやほやの君が就任できるわけがない。双方の構成員 と部下として動かせる人員から考えて、巡査部長待遇が順当という線で落ち着いた。 どう思うかね」  課長の長い説明が終わった。 「巡査部長ですか……」 「不満かね?」 「いえ、そんなことはありません。巡査でも身に重過ぎるくらいです」 「まあ、そう言うな……。国家公務員がいくらなんでも平巡査待遇では、麻薬取締部 の沽券(こけん)に関わるからな。これだけは譲れないというところだ。本来なら警 察大学校卒同様に警部補あたりからはじめてもいいのだがな」  警部補といえば地方警察署の課長クラスである。  わたしとしては、別に平巡査でも構わないと思っている。  何せ前職の時の階級は巡査だったもの。  敬は日本に帰ってきて、研修を終えたと言う事で巡査部長に昇進したけどね。  生死の渕を乗り越え、特殊傭兵部隊で鍛えられたんだから、それだけのお手盛りが あってもいいだろう。  しかしわたしは……。  何もしていない。  先生に救われて斉藤真樹として生まれ変わって、女子大生として気楽に生活してい ただけだから。    なんにしても、警察庁出向か……。  元の鞘に納まるという感じがなきにしもあらずである。 「ああ、それから君の友達の沢渡君も一緒だよ」 「敬もですか?」 「ああ、何せ我々と一緒にこれまでの事件を解決してきた功労者でもあるし、組織改 革を上申して新組織の発足を促した本人だからね」  そうだったわ。  以前からずっと、上層部に上申してきたんだったわ。  それがやっと認められたということ。 「ところで個人的な質問なんだが……」 「何でしょうか?」 「君と彼は、随分親しいようだが」 「ええ、婚約しています」 「そうか、やっぱりね」 「何か問題でも?」 「いやなにね、結婚となると寿退社するんじゃないかと思ってね」 「大丈夫です。結婚しても、この仕事は続けます。もっとも妊娠すれば、出産・育児 休暇を願い出ると思いますけど」 「そうか……。安心したよ。君みたいな優秀な職員を失うのは、局の一大損失になる からね」 「ありがとうございます。そう思って頂けていると思うと光栄です」 「まあね……」  一般の会社なら、育児休暇を好ましく思っていない所も少なくなく、退職を勧めら れたり、復帰しても居場所がなくなっているということも良くあることである。  しかしわたしの所属する麻薬取締部は厚生労働省内の一部局である。  男女雇用均等法やら育児休暇促進委員会とかが目白押し。  「寿退社」という慣用句で、女性を退職に追いやることは不可能だ。 「それで、警察庁へはいつから出向ということになりますか?」 「来週の月曜からだ。その日に直接その足で警察庁へ赴きたまえ」 「判りました」 「それから、新しく君に交付された警察手帳を渡しておこう」 「警察手帳ですか?」 「麻薬取締官としての身分と、警察庁職員としての身分の双方を記してある、特別誂 えの手帳だ。君の今持っている警察手帳と交換してくれ」 「はい」  わたしは、現在持っている麻薬取締官証と引き換えに、その新しい警察手帳を受け 取った。  開いてみると、最初のページは今まで通りの麻薬取締官証と同じものであった。次 のページを開くと懐かしい警察手帳の図案が飛び込んできた。中身の様子は、上部に は顔写真、階級、氏名、手帳番号が書かれた証票、下部には警察庁という名と、POLI CEの文字が入った金色の記章(バッチ)がはめ込まれている。ちなみに大きさは縦10. 8センチ、横6.9センチ。 「なるほど、巡査部長になってるわ」 「これで君は、あらゆる警察犯罪を取り締まることができるようになったわけだ。し っかり心して任にあたってくれたまえ」 「判りました」  警察流の敬礼をしてみせるわたしだった。  今後はそういうことも多くなるだろう。 「もちろん麻薬取締官としての自覚と任務も忘れないでくれ」 「はい」
ポチッとよろしく!
11

« 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 警視庁組織改編(R15+指定) | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 磯部京一郎(R15+指定) »

性転換・女性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 警視庁組織改編(R15+指定) | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 磯部京一郎(R15+指定) »