« 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 特務捜査課(R15+指定) | トップページ | 性転換倶楽部/響子そして 帰宅(R15+指定) »

2019年4月17日 (水)

性転換倶楽部/特務捜査官レディー 磯部京一郎(R15+指定)

特務捜査官レディー(R15+指定) (響子そして/サイドストーリー)
(五十一)磯部京一郎  数年の時が過ぎ去った。  特務捜査課の捜査員として、優秀なるパートナーである敬と共に、数々の麻薬・銃 器密売組織や人身売買組織の壊滅という業績を上げて、わたし達の所属する課も警察 庁の中でも確固たる地位を築き上げていた。  相変わらずとして、若い女性と言う事で尾行や張り込みといった捜査には出しては くれないものの、女性にしか携わることのできない事件には、囮捜査官として派遣さ れることは少なくなかった。  基本的に週休二日制をきっちりと取れることは、制服組女性警察官と同等であると 言えた。  五日の勤務のうち一日は、麻薬取締官として目黒庁舎に赴くことになっている。  その一方で例の響子さんは、黒沢先生の製薬会社の名受付嬢として新たなる生活を はじめていた。  性転換によって女性となったことによる戸籍の性別・氏名変更も滞りなく完了。  倉本里美、渡部由香里という新たなる仲間も増えて、張りのある楽しい人生を謳歌 していた。  闇の世界にも顔が利く黒沢先生のおかげで、彼女達は平穏無事に暮らしている。  そんなこんなで、もう心配することもないだろうと考えていた矢先だった。  その黒沢医師から、社長室に呼ばれた。  そこには、見知らぬ老人が同席していた。 「紹介しよう。磯部京一郎さんだ」  磯部? 「まさか、響子さんの?」 「祖父の磯部京一郎です」  と、深々と礼をされた。 「あ、斉藤真樹です」  あわてて、こちらもぺこりと頭を下げる。 「真樹さんは、麻薬取締官とお伺い致しました」  突然、わたしの職業に言及された。 「はい。その通りです」 「実は、甥の磯部健児についてご相談がございまして」  その名前を耳にして、わたしは全身が震えるような錯覚を覚えた。  暴力団を隠れ蓑にして、その裏で麻薬・覚醒剤の密売をしている。  響子さんが人生を狂わされた元凶の極悪人だ。  そして、あの生活安全局長をも影で操り、わたし達をニューヨークに飛ばして抹殺 を企んだ黒幕。  憎んでも飽き足りない、わたし達が日夜追っている張本人。 「おそらく健児についてのことはご存知かと思いますが……」 「はい。麻薬覚醒剤の密売をやってますよね」 「そうです。孫のひろし、いや今は響子でしたね。響子の人生を狂わした、殺してや りたいぐらいの奴です」  まあ、そう思う気持ちは良く判る。  孫と甥とを比べれば、直系子孫の孫の方が可愛いのは当然だ。所詮甥などは、兄弟 の子供でしかない他人に近いものだ。  その上、その可愛い孫を手に掛けたとなれば殺したくもなるだろう。 「その健児が再び響子を手に掛けるかも知れないのです」  え?  冗談じゃないわよ。  せっかく平穏無事な幸せな暮らしを築いているというのに、再び健児の魔の手に掛 かることなんて絶対に許さないから。 「どういうことですか? 詳しく説明してください」  それはこういうことだった。  この磯部京一郎氏は、莫大なる資産を有しているという。  その資産を、孫の磯部ひろし、つまり性転換し戸籍の性別・氏名も女性となった現 在の響子さんに、全額遺産相続させたい。  ところが響子さんは、母親殺しという尊属殺人によって、法定相続人としての資格 を剥奪されている。  どうしても響子さんに遺産相続させたい京一郎氏は、相続人指名を響子さんとした 公正証書遺言状を作成したらしい。  しかし自分が死んで相続が発生した時点で、相続問題で親族間に紛争が起きること を懸念した氏は、親族一同を集めて遺言状の生前公開をすることを決定した。響子さ んに遺産の全額を相続させることを、親族に明言し納得させるためにである。  しかし、京一郎氏の甥である、あの極悪人の磯部健児が、黙って指を加えているわ けがない。  響子さんが遺産相続人となれば、本来自分が遺産相続できるはずだった法定相続額 の全額がなくなってしまう。被相続人の甥には遺留分は認められていないからである。  かつて娘の弘子、つまり響子さんの母親を、覚醒剤の密売人を使って手篭めにし、 その所有資産を暴力団を使って巧妙に搾取してしまったという。  再び同じような手を使って、響子さんを謀略に掛けて陥れ、その相続した資産を独 り占めにするのは目に見えている。  何とかして健児の魔の手から響子さんを救いたい。  そこで、日頃から面識のあった闇の世界にも顔が利く製薬会社社長にして産婦人科 医師の黒沢英一郎氏に相談に来たというのだった。 「……というわけだ。真樹君、何とか協力になってあげられないか」  命の恩人の黒沢医師に頼まれたら断れるわけがない。  幸せに暮らしている響子さんとは関わりたくなかったけど、そうもいかなくなった らしい。  あの健児を放っておく訳にはいかないからだ。  奴を野放しにしていると、響子さんを手に掛けるのは間違いない。これ以上彼女を 悲劇に合わせるわけにはいかない。  奴にはそろそろ幕をひいてもらうとしよう。 「もちろんです。健児にはいろいろと世話になっていますからね。何とかして監獄送 りにしたいと思っていますから」 「そう言ってくれると助かる。麻薬取締官としての君の協力が得られれば、健児を挙 げることができるだろう」 「お願いいたします」  京一郎氏が頭を下げた。
ポチッとよろしく!
11

« 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 特務捜査課(R15+指定) | トップページ | 性転換倶楽部/響子そして 帰宅(R15+指定) »

性転換・女性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 特務捜査課(R15+指定) | トップページ | 性転換倶楽部/響子そして 帰宅(R15+指定) »