« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第二章 ミスト艦隊 VII | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 売春斡旋勧誘員(R15+指定) »

2019年3月12日 (火)

性転換倶楽部/響子そして 女として(R15+指定)

響子そして(覚醒剤に翻弄される少年の物語)R15+指定
この物語には、覚醒剤・暴力団・売春などの虐待シーンが登場します

(十三)女として  それから数週間が過ぎ去った。  毎日定期的に覚醒剤が注射されたが、徐々に分量は減らされているという。  時々禁断症状に苦しめられたが、それもしだいに治まっていった。  中毒患者の治療には、隔離され薬を絶たれ、拘束具で縛られる荒療治的な方法もあ るそうだ。特に薬物使用期間が長期に渡って、完全に自制心を消失している時には、 もうそうするよりない。が、度重なる発作で精神が犯され、中毒は治っても精神病院 に生涯入院という場合もあるという。  わたしの場合は、自らの意思で薬物からの脱却をはかる自制心が残っていた。だか ら、あえて覚醒剤を遮断しないで、徐々に摂取量を減らしていく方式になった。  それにしても、なぜ産婦人科病院にいるのだろう。普通なら精神病院が妥当だと思 う。先生も産婦人科医だと言った。覚醒剤とはまるで分野が違う。  そういえば組織には顔が聞くといった。元の闇の世界に戻りたくなかったら、詮索 しない方が良いとも言った。一体何者なんだろうか……。  疑問を抱いたまま月日が過ぎ去った。  ある朝のことだった。  ショーツが赤く染まっていた。 「なに、これ……?」  それは膣から流れ出ていた。  看護婦を呼ぶと、 「あら、はじまったのね。今、先生を呼んできてあげるわ」  と、驚く様子もなく、それが当然のような顔をしていた。  やがて先生がやってくる。 「やあ、はじまったんだってな」 「これは、どういうことですか?」 「月経だよ。女性なら、月に一度は巡ってくる生理だよ」 「生理?」 「まだ、気づかないかね。君の身体の中には、卵巣と子宮があるんだ。それが正常に 機能しはじめたというわけさ」 「訳がわかりません。いったいわたしの身体はどうなっているんですか」 「一つずつ説明してあげよう。ほぼ脳死状態で君が私の元へ運ばれて来た時、まだ脳 波があって生きていると判った。あらゆる処置を施して、蘇生に全力を注いだ。甲斐 あって生命を取り留めることができた。そして回復に向かっていった。そんな時、別 の脳死状態の女性の患者が現われた。君が性転換していることは知っていたから、ど うせなら真の女性にしてあげようと思って移植をしたんだ」 「移植って?」 「脳死の患者から臓器を摘出して別の患者に移植できることは、君も知っているだろ う?」 「ええ……」 「肝臓や腎臓などは、それを必要とする患者に移植された。そして女性器は、通常な ら移植されることなくそのまま残されるのだが、たまたま偶然にも、君と免疫型が一 致した。その女性器を移植する事にした。妊娠し出産することのできる真の女性にね。 まず、人造的に作られた膣や外陰部をすべて一旦取り去った。そのままでは正常分娩 ができないからだ。人造膣や外陰部は胎児を通す産道にはならないのだ。柔軟性がな く完全に破断してしまう。そして、別の女性から、卵巣や子宮、膣と外陰部などのす べての女性器をそっくり移植した」 「それが、わたしなんですね」 「そうだ。女性器は正常に機能をはじめて月経が到来したというわけだよ。君は、も う完全な女性に生まれ変わったのさ」 「完全な女性に……」  涙が出てきた。  嬉しくてではない、哀しくて泣いたのだ。  今更、子供が産める身体になったとして、それがどうしたというの?  もし明人が生きていれば、彼の子供を産めると心底喜んだろうが、もはやこの世に はいない。  そもそもわたしが性転換手術を受けたのは、わたしを本物の女性として抱きたいと 願った明人の希望を叶えてあげるためにしたことである。頼まれて女性ホルモンを飲 みはじめたのもそのためだ。子供を産むというような真の女性になることは頭になか った。ただ明人を満足させる事ができればそれで十分だったのだ。女性の心を持って いることと、男性の身体でいることを疎ましく感じていたのは確かだったから、性転 換を決断したのである。 「さあ、それじゃあ。生理の手当の仕方を教えますからね。まず汚れたショーツを脱 いで」  看護婦から生理ショーツやナプキンの使用方法の説明を受けた。  男性がそばにいると思うとやはり恥ずかしい。しかし相手は産婦人科医だからこん なことは日常茶飯事、気にもとめていないといった表情で、窓辺に寄り掛かって外を 眺めている。時々腕時計を見ては気にしている風であった。わたしに、まだ何か用事 があるみたいだ。

ポチッとよろしく!

11

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第二章 ミスト艦隊 VII | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 売春斡旋勧誘員(R15+指定) »

性転換・女性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/鳴動編 第二部 第二章 ミスト艦隊 VII | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 売春斡旋勧誘員(R15+指定) »