« 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 潜入(R15+指定) | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 追跡(R15+指定) »

2019年3月20日 (水)

性転換倶楽部/響子そして 赤ちゃんのこと(R15+指定)

響子そして(覚醒剤に翻弄される少年の物語)R15+指定
この物語には、覚醒剤・暴力団・売春などの虐待シーンが登場します

(十六)赤ちゃんのこと
 それから数日後。
 わたしは、かの女性の病室を尋ねることにした。
 彼女が退院する前に、一度会っておきたかった。
 彼女は、丁度赤ちゃんを抱いて授乳させているところだった。
「こんにちわ。お邪魔します」
「聞いているわ。わたしと同じ性転換手術した女性が入院しているって。あなたね」
「はい。そうです」
 赤ちゃんは、一心不乱にお乳を飲んでいる。時々、その乳房を軽く揉むような仕草
をみせるのは、お乳が出やすくするため本能的にやっていることなのか。
「ちゃんとお乳が出るんですね」
「当たり前よ。この娘を産んだ母親なんだから」
 十分飲み終えたのか、乳首から口を離した赤ちゃん。それを見計らったように、彼
女は抱き方を変えた。
「赤ちゃんは、お乳と一緒に空気も飲み込んじゃうの。その空気を胃から追い出さな
ければならないけど、自分でげっぷを出せないから、こうやって縦だっこして背中を
たたいて、出してあげないといけないの」
「へえ、そうなんだ」
「あの……。わたしに、抱かせていただきませんか?」
「どうぞ、構いませんよ」
 快く引き受けてくれた。そっと大切に受け取って抱き上げる。
 一瞬、とまどったような表情をした赤ちゃんだったが、やさしく声をかけてあやす
と、安心したような顔に戻った。
 じっとわたしを見つめている。
「可愛いでしょう?」
「ええ、とっても。さっきからじっと見つめてるわ」
「それはね。赤ちゃんは本能的に、黒くて丸いものに反応する習性があるのよ。実際
にそれは母親の瞳になるんだけどね。だからじっと見つめ合う格好になるわけよ」
 そういえば、鳥の雛が親鳥の口先の色に反応してそれを突つく習性があって、それ
が餌をねだる行為になっていうと聞いたことがある。
 指を頬に軽くあてると、それを吸おうとして顔をそちらに向ける。反対を触るとま
たそっちに向こうとする。お乳を飲んで満足しているはずだが、頬に何か触ると反射
的にそれを吸おうとするのだ。
 足の裏を触ると、足指を曲げる動作をする。くすぐったいからではなく、そのもの
を握ろうとする反射だそうだ。
 やがて、小さな口を精一杯開けてあくびをすると、そのまますやすやとわたしの腕
の中で寝入ってしまった。
「あは……眠っちゃった。可愛い寝顔」
「それは、あなたを母親だと思って安心しきっているからですよ」
「母親?」
「赤ちゃんが眠りにつくには、心身ともにリラックスできる状態じゃないと、なかな
か寝付けないのよ。母親に抱かれているという接触的安堵感、そしてやさしいその表
情と声掛けがあって、自分は見守られているんだと本能的に感じ取って、はじめて安
心して眠る事ができるわけね」
 そっと静かに、傍らのベビーベッドに寝かせて布団を掛けてあげる。
「あなたには、しっかりとした母性本能が身についているわ。これなら子供を産んで
も大丈夫よ」
「そうかしら……」
「たった今、この娘が証明してくれたじゃない」
「それは、そうみたいだけど……」
「自信を持ちなさいよ。大丈夫、あなたならちゃんと母親になれわよ」
 彼女は、わたしが子供も産める女性になるために、本当の性転換を受けたけど、母
親になる自信を持てないと思っているようであった。
「実はわたし、手術は二度めなんです」
「二度め?」
「最初は、人工的な造膣術を施しただけの手術で自分の意思で行いました。二回目の
今度は、実は自殺して意識不明の間に先生が、本当の女性にする手術をしてくれまし
た。そういうわけだから、わたし最初から、子供を産む事なんか考えもしなかったん
です」
「へえ、自殺したんだ……。何か、いろいろと深い事情がありそうね。よかったら話
してくださらないかしら? わたしでも相談にのってあげられることもあるかも知れ
ないから」
 彼女は、わたしと同じ性転換者であり、悩みについても共通のものがあると思った。
 わたしは正直に話した。
「そうか……。大変だったわね。覚醒剤は、人生を狂わせる悪魔の薬。一度その毒牙
にかかったら二度と抜け出せない。わたしの研究所でも、こっそり持ち出したり、使
用量を偽ったりして、試しに使用してみる人が結構いるのよね。で、抜け出せなくな
って、さらに持ち出して発覚してくびになってる。結局抜け出せなくなって廃人にな
ってしまったのを何人も知っているわ」
「あなた、覚醒剤に関わっているの?」
「だって、製薬会社の研究所員ですもの。覚醒剤どころか、大麻・麻薬、今はやりの
合成麻薬MDMAだって扱っているわよ。でも、わたしが担当しているのは、女性ホ
ルモンとか性転換薬とかいった分野よ。つまり、あなたとわたしに直接関わるホルモ
ン剤の研究してる」
「性転換薬なんてできるの?」
「できるわよ。原理は判ってるし、調合方法も完成しているの。ただ、原料がなかな
か手に入らなくてね。苦労しているわ。もう一つの研究テーマである、ハイパーエス
トロゲンとスーパー成長ホルモンは完成してる。先生に臨床実験をお願いしているわ」
「なにそれ?」
「答える前にこちらから質問するわ。あなた最初の性転換手術する時、当然女性ホル
モン飲んで胸膨らんでいたでしょう?」
「ええ、もちろん」
「それなりになるのに、何ヶ月かかった?」
「わたし、思春期にはじめたからAカップになるのに二ヶ月、半年でCカップだった
わ」
「へえ、早いのね。わたしなんかAカップには半年かかったし、Bカップ以上にはな
らなかった。もっとも今は授乳のために臨時的にDカップくらいにはなってるけど。
で、本題……。さっきのホルモン剤は、たった一晩で立派な乳房や女性的な身体を作
り上げちゃうという夢の薬なの」
「ほんとうなの?」
「ほんとうよ」
「信じられないわ」
「話しは戻るけど、女性ホルモンだって、男性が飲みはじめて半年以上も経てば、睾
丸が萎縮して、二度と元に戻れなくなる。一生飲み続けなければならないという点で
は、覚醒剤みたいなものね」
「それはそうだけど……。でも、わたし達は飲まなくてもいいんでしょ?」
「当たり前よ。卵巣があるんだもの。子宮もね」
「でも反面、毎月生理になるわ」
「それだからこそ、女性の喜びもあるわ。子供を産めるんだもの」
 と言って、ベビーベッドの赤ちゃんに目を移す彼女。
 実際に現実を目の当たりにしていると、彼女の言い分が正しいように感じる。
ポチッとよろしく!
11

« 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 潜入(R15+指定) | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 追跡(R15+指定) »

性転換・女性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 潜入(R15+指定) | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー 追跡(R15+指定) »