« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第二章 選択する時 IV | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー レディスホテル(R15+指定) »

2019年2月11日 (月)

性転換倶楽部/特務捜査官レディー 初出動(R15+指定)

特務捜査官レディー(R15+指定)
(響子そして/サイドストーリー)

(十八)初出動  相手は産婦人科医である。どんな診察がなされたかは、各自の想像にまかせるとし よう。 「……で、最後に血液を採取して終わりだ」 「ほ、ほんとに終わりですかあ……」  疲れ切っていた。  まさか、ここへ連れてきた敬も、わたしがこんなことされるために呼び出されたと は、想像すらしなかったであろう。  応接室で、欠伸を連発しながら、 「ずいぶん長い診察だな」  と思ってはいるだろうが。  やっと解放されて衣服を着なおす。  もちろん敬に気取られないように、しっかり服の乱れを直すことを忘れてはいけな い。  わたしの気持ちを知ってか知らずか、 「診断の結果が判るのは、二週間後だ。その頃にまた来てくれないか」  と平然と再来訪を求めた。 「まさか、また同じような診察するんじゃないでしょうねえ」 「するわけないだろう! 何か変に勘ぐってはいないだろうな?」 「いえ、確認しただけです。先生のことは信じてますから」  診察を出て、敬の待つ応接室に戻る。 「やあ、長かったね」  こっちの気も知らないで……。  と、思ったが事情を全く知らない敬に苛立ちを覚えてもしようがない。  うん。  妊娠したら、絶対に分娩に立ち会ってもらうからね。  覚悟してよね。  いつものようにオフィスレディーしていた真樹だったが、その日は慌しく飛び込ん できた職員の一声で、事態は急展開することになる。 「課長!」 「どうした?」 「例の女が動き出しました!} 「そうか、動き出したか」 「はい! 間違いありません」  例の女?  配属されたばかりの真樹には、何のことやら判らない。  首を捻っていると、課長が真樹に向かって言った。 「真樹君。君の出番だ」 「え?」 「この件は女性がいないとだめなんだ」 「どういうことですか?」 「相手が女だからだ」 「つまり女性しか入れない場所……」  女子更衣室や女子トイレ・化粧室などが浮かんだ。 「その通り。覚醒剤の受け渡しにレディスホテル、しかも念入りに化粧室が使われて いるんだ。男性である俺達が入れない場所だ。踏み込むには、確実に覚醒剤を所持し ているところを押さえなければならない」  話を要約するとこうであった。  覚醒剤中毒者から売人を探し出して逮捕し、流通経路を吐かせたところ、とある仲 買人の存在が浮かび上がった。しかも女性だというのだ。  その女性は、覚醒剤を自ら携行することは決してせずに、ホテルの化粧室を受け渡 しの場所として利用していた。当然その相手も女性に限ることになる。  レディスホテルのとある階の化粧室で運び人から覚醒剤を受け取り、今度はその足 で階を移動して、別の化粧室で末端の密売人に売り渡すのである。  男性ばかりの麻薬取締官にとって、レディスホテルのしかも化粧室という女性だけ に許された密室で行われる覚醒剤取引を摘発することは不可能であった。取り押さえ られるとすれば、運び人か密売人ということになるのであるが、確実に覚醒剤を持っ ているという保証はない。万が一所持していなければ、とんでもないことになるのだ。 ただでさえ相手は女性である。その身体に触ることさえ困難である。  女性麻薬取締官の真樹に白羽の矢が立つのは当然といえた。 「とにかく今回動けるのは、この課内で唯一の女性である君だけしかいない。相手も 抵抗してくるだろうし、拳銃を持っているかも知れない。自分の身を守るのも君自身 しかいない。そこでこれを君に預ける」  と言って、机の引き出しから出したものは、小さな拳銃だった。  レミントンダブルデリンジャー。 「君が以前に、制式拳銃の換わりを申請していた奴だ。やっと手に入れることができ たのだよ。手に入れるのも、当局に所持携帯の許可を取るのにも相当苦労したんだぞ。 君専用の護身銃だ。大切に扱えよ」 「はい! ありがとうございます」  早速デリンジャーを手にとって見る。  女性的な真樹の小さな手にもしっくりと馴染む大きさと形状をしていた。  これならハンドバックに忍ばせて携行することができる。 「銃弾は二発きりだが、今回の任務ならこれで十分だろう。もっと装弾数が多い銃が 必要な任務の時はまた考える」 「装弾数が多い?」 「ああ、今回は個人が相手だから、それで十分だが。組織を巻き込んだ大掛かりな麻 薬取引摘発の時には装弾数の多い自動拳銃が必要になるだろう」 「これ以外にも銃を与えてくれるのですか?」 「そのデリンジャーは、君が女性と言うことで特別に支給する護身銃だ。任務遂行中 以外でも常に携行してもらっても構わない。組織に顔を覚えられて付け狙われる可能 性があるからだ。美人だからな……」 「ありがとうございます」 「課長、いいですか?」  先ほど飛び込んできた職員が間に入ってきた。 「ああ、頼む」 「それじゃあ、真樹ちゃん。行こうか」 「はい!」  さあ!  ついに取締の現場への出動だ!  頑張りましょう。
ポチッとよろしく!
11

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第二章 選択する時 IV | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー レディスホテル(R15+指定) »

性転換・女性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 銀河戦記/機動戦艦ミネルバ 第二章 選択する時 IV | トップページ | 性転換倶楽部/特務捜査官レディー レディスホテル(R15+指定) »