« 性転換倶楽部/響子そして 仮出所 | トップページ | 性転換倶楽部/響子そして 再会 »

2018年12月26日 (水)

性転換倶楽部/特務捜査官レディR15+指定)

特務捜査官レディー(R15+指定)
(響子そして/サイドストーリー)

(六)新たなる人生 「さて、君に渡したいものがある」 「なんでしょう?」 「これだよ」 「ショルダーバック?」 「その中に、パスポートと身分証が入っている。今日から君は、そこに記されている、 斎藤真樹として生きて日本に帰りたまえ」  差し出されたショルダーバッグから取り出して確認する薫。  そのパスポートには紛れもなく、整形した今の自分の姿が映っていた。  脳死状態のために自分にすべての臓器を提供することになった女性。 「斉藤真樹? 他人に成りすますなんてできませんよ。あたしは警察官なんです」 「だからといって、今のままでは何もできないぞ。君はすでに死んだことになってい る。ニューヨーク市警から死亡報告書が日本政府に提出され、戸籍を抹消されている はずだ。パスポートも使えないからどこへも行けないぞ。いまのままでは不法入国者 ということになる」 「そんな……生きているのに」 「悪い事は言わない。黙ってその女性に成り代わって生きることだ。それ以外に生き る道はない」 「しかしこの女性は、査証相互免除国における観光目的の短期滞在で無査証で入国し ているようです。滞在期限の九十日以内に、実際には入国からすでに二ヶ月経ってい ますから、残すところ三十日以内に帰国しなければなりません。そうなれば、当然家 族や友人がいるはずです。この女性の振りをして日本に帰ってもいずればれてしまい ます。友人は騙せても家族までは騙せないでしょう」 「とにかく選択肢は三つだ。このままアメリカで不法入国者として暮らすか、日本に 帰り極力彼女と関わる人物を避けて暮らすか、或は彼女の両親に会ってすべてを説明 して納得してもらうかだな。私としては最後の方法がすべて丸く治まる可能性がある と思うのだがね」 「両親の説得ですか……」 「何にしても、君の身体の中には彼女のすべてがあると言っても過言じゃない。無碍 にはしないとは思うのだが……」 「そうかも知れないでしょうけど……」 「何にしても、彼女が事件に巻き込まれて脳死状態に陥ったのは不可抗力だ。その事 に関しては君に責任がないし、君が重体に陥って臓器移植を必要としていたのも事実 だ。二人とも死ぬ運命にあったところを、どちらかが生き残る。これもまた運命かも 知れない」  押し黙ってしまって、じっと考え込んでいた薫だったが、やがて呟くように声を出 した。 「やはり斉藤真樹として生きるしかないんですね」 「そうだ。他に生きる道はない。辛い運命かもしれないが、耐えて生きるしかないだ ろう」  ふうっとため息をついてから、 「わかりました。何とか生きてみることにします」  はっきりとした口調で答える。 「それがいい」  頷いて賛同する先生。  意思が固まれば、話は急転直下で進展する。 「君が着ていた服は、穴だらけだったから、君に合いそうな服を用意しておいた。そ れを着ていくんだ」  といって紙袋を手渡してくれた。 「何もかも至れり尽くせりで申し訳ありません」 「いや、気にすることはない。医者としてするべきことをしているだけだ」 「ところで治療代は?」 「要らないさ。手術の腕を磨く検体として利用させてもらったと考えてくれればいい さ。大学病院や総合病院などで最新手術を施す時など、よく研究目的による無償治療 が行われるだろう。どうせここは組織が運営している闇の病院だ。どうにでもなる、 気にすることはない」  先生に渡された女性用の衣装を身に着ける。  眠っている間に、身体のサイズを測られたのか、ぴったりと合っていた。別に悪気 があったわけでもなく、医療上にも必要なこともあっただろうし。  ごく普通にカジュアルなデザインの上下ツーピースのスーツだった。 「どこから見ても女性そのものだ。もともと女性的な身体つきしていたから当然だが、 医者でなく事情を知らなかったら、プロポーズしているな」 「冗談はおっしゃらないでください」 「いや、本当の気持ちさ。まあ、今日からは本物の女性の斉藤真樹として、生きるの だからな。男であったことは、心の隅にでも置いておいて、女性としての生活をエン ジョイするといいだろう」 「そう簡単には、気持ちの切り替えなどできませんよ」 「まあな……。少しずつ慣れていくことだ」 「はい」 「それじゃあ、これでお別れだ。元気で暮らせよ」 「先生こそ」 「生きていれば、またどこかで再会することもある。その時は、赤ちゃんを抱いて幸 せな母親になっていることを祈ってるよ。もっとも旦那が見つかればの話だが」 「そうですね」  こうして短い期間ではあったが、わたしの人生を百八十度変えてしまった、その先 生との別れとなった。  どんな人物なのか、まるで不思議な雰囲気のある先生ではあったが、このアメリカ では唯一信頼できる人間だ。いつかまた再会できそうな気がした。
ポチッとよろしく!
11

« 性転換倶楽部/響子そして 仮出所 | トップページ | 性転換倶楽部/響子そして 再会 »

性転換・女性化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 性転換倶楽部/響子そして 仮出所 | トップページ | 性転換倶楽部/響子そして 再会 »