2021年6月 8日 (火)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅲ

第十章 反乱

 ゴードン・オニール率いるアルサフリエニ方面軍が反旗を上げたことは、アルデラーンにいるアレックスの耳にも届いた。
 あまりの衝撃に言葉を失うアレックスだったが、その背景を調べるように通達した。
 やがて、タルシエン要塞から驚きの報告が帰ってきた。
 皇太子即位の儀の後に行われた記者会見のTV放映が、タルシエン要塞及びそこを中継するアルサフリエニ方面では、本放送と生中継放送とではまるで違っていたのだ。
 それが発覚したのは、念のためにアルデラーンで録画した本放送分をタルシエン要塞に送ったことで、違いが判明したのだ。
 アルデラーンでの本放送では、共和国同盟の処遇に関しては、兼ねてよりの意思として、以前の体制に復帰させることで念押ししたはずだった。しかし、中継放送では帝国に併合させると改変させられたことが判明したのだ。
 おそらくタルシエン要塞側の中継設備にハッカーが侵入して、本放送とは違う別の録画映像を流したのであろう。

「やられたな……」
 ハッカーの犯人は分かっている。
 闇の帝王と称される、ジュビロ・カービン以外にはいない。
「久しぶりに聞きましたね。その名前」
「おそらく今日あることを予期して、要塞奪還後のシステム構築の時に、侵入経路の裏口を作っておいたのだな」
「要塞コンピュータの設定に関わらせたのが仇になりましたね」
「分かってはいたのだが、一刻も早いシステム復興が必要だったのだ」
 それは、要塞を落とせば当然再奪取に艦隊を派遣してくるだろうからである。
「ハッカーという奴は、武器商人と同じだよ。どちらか一方にだけ加担するのではなく、不利になった側について戦況を盛り上げ、永遠の膠着状態にさせるのが本望なのだ。双方が疲弊してゆくのを、高見の見物しながら、裏舞台で高笑いする」

「いかがなされますか?」
「そうだな。バーナード星系連邦に最も近いアルサフリエニ方面を放っておくわけにはいかないだろう」
 内憂外患状態にある事を、連邦に悟られるわけにはいかない。
 速やかに鎮圧部隊を派遣しなければならなかった。
「しかし、今の状態では要塞駐留艦隊を動かすわけにはいきませんね」
「私が行く!」

 共和国同盟の士官としてなら、いつどこへ行こうが構わないだろうが、銀河帝国皇太子たるアレックスが、アルサフリエニ方面に進軍するとした時、マーガレット皇女などは大反対した。
 が、皇太子の意思に逆らうわけにはいかない。
「私も同行致します!」
 マーガレットが配下の皇女艦隊を引き連れて、護衛に同行すると許可を求めた。
 ジュリエッタも参加することを公言した。

 こうして、皇太子即位の興奮も冷めやらぬ間に、アルデラーンからタルシエン要塞への行幸となったのである。
 アルデラーンからトランターまでは、それぞれのワープゲートを調整すれば使えるが。
 ジュビロ・カービンが敵側に着いたと想定される現在、タルシエン要塞にあるワープゲートは、万が一を考えて使うことができない。
 トランターからは、艦隊の足を使って行くしかない。


↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v


ファンタジー・SF小説ランキング


小説・詩ランキング



11

銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅱ

第十章 反乱


 皇太子即位の儀は、アルデラーン宮殿王室礼拝堂大広間で執り行われることとなった。地球史における英国のプリンス・オブ・ウェールズ叙任式にあたる。
 豪華絢爛たる装飾品、正面には祭壇と大きなパイプオルガン、天井には美しい装飾画がある。
 吹き抜けとなっている二階部分には、大きな円柱がありその間隙に各放送局のTVカメラと報道陣がずらりと並んでいる。
「アレクサンダー王子ご入来!」
 宮廷衛視が発令すると、騒めいていた礼拝堂内が一斉に静かになった。
 パイプオルガンが荘厳な音楽を奏でる中、紫紺の絨毯の敷かれた中央回廊をアレクサンダー王子が進みゆく。
 祭壇には、第一皇女にして摂政を務めるエリザベスが待ち受けている。その脇には侍従が携える【皇位継承の証】である深緑に輝くエメラルドの首飾り。
 一般的な王位(皇位)継承では、王冠を継承者に被せる戴冠式が行われるが、銀河帝国では【皇位継承の証】を首に掛けることで、皇位を継承したことを知らしめることとなっている。
 ちなみに地球古代史における日本国の天皇における、立太子の令がこれに相当する。

 その頃、共和国同盟の各地域にも、皇位継承の儀式の模様が生中継されていた。
 当然、ガデラ・カインズの駐留するタルシエン要塞やゴードン・オニールが守るアルサフリエニ方面の基地でも生中継を視聴していた。
「皇帝の即位式じゃなくて、皇太子なんですね」
 参謀のパティー・クレイダー少佐が呟いた。
「そりゃそうさ。死んだと思われていた皇位継承者が突如として現れたのだ。いきなり皇帝というのも、貴族たちが納得しないだろ。まずは皇太子というところからはじめて、少しずつ浸透させてゆくのだろうさ」
「皇太子とは言っても、すでに皇帝が崩御されているから、実質上の皇帝ですよね」
「まあ、そこの所が継承者問題で荒れている証左なんだろうな」

 儀式が終わって、記者会見の模様も中継された。
 数多くのマイクが立ち並んだ机の前に座り、記者の代表質問に答えるアレクサンダー王子。
「殿下は、共和国同盟を解放なされましたが、銀河帝国皇太子として、その処遇をいかがなされるおつもりでございましょうか?」
 その質問は、ほとんど銀河帝国の政策一丁目一番地とも言うべき質問だろう。
 帝国皇太子にして、共和国同盟の最高指導者たる人物なのだ。

「帝国皇太子及び共和国同盟最高指導者たる身分をもって、共和国同盟を銀河帝国に併合し、帝国貴族にその所領を与えるものとする。貴族の末端にまで公正に分配する」
 その発言を聞いて驚く、共和国同盟の諸提督達だった。

「なんてことを!?これでは、バーナード星系連邦から銀河帝国に植民政権が移っただけじゃないか」
 提督の中でも一番憤慨したのは、ゴードン・オニールだった。
 アレックスとは、士官学校からの親友だっただけに、その心変わりに信じられないという表情であった。
 しかし、TV中継では、はっきりと明確に帝国領とすると発言しているのである。疑う余地がなかった。
 アルサフリエニ方面軍において、アレックスに対する反感が沸き上がっていた。


 それから数日を経て、ゴードン・オニールを首班とするアルサフリエニ共和国の独立宣言がなされた。


↓ 1日1回、クリックして頂ければ励みになります(*^^)v

ファンタジー・SF小説ランキング



11

2021年1月13日 (水)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第十章 反乱 Ⅰ

第十章 反乱


 銀河帝国首都星アルデランに近づく巡洋戦艦インヴィンシブル。
 近づいてくるのは、TV放送局の船である。
 皇太子殿下の坐乗する艦が、宇宙から皇族専用宇宙港に舞い降りるシーンを撮影し演出する気概があるのだろう。
 事前に連絡を取って、撮影許可を取っている。
『ご覧ください。皇太子殿下のお乗りになられていますインヴィンシブルでございます。既報の通りに、共和国同盟を解放し凱旋なされました』
 別の放送局も続く。
『ジュリエッタ皇女様のインヴィンシブル、マーガレット皇女様のアークロイヤル、そして皇太子殿下の旗艦サラマンダーが仲良く並んでおります』
『あ、只今。アルデラーンに着御なされたアレクサンダー殿下が乗降口にお出ましになられました』

 そんな皇太子ご帰還の模様を放送するTVを、苦虫を?み潰したような表情で見つめる複数の目があった。
 どこかの貴族の館の一室で交わされる内輪の会話。
「たかが臨時の宇宙艦隊司令長官じゃないか。皇太子になったわけじゃない」
「ジョージ親王は、すでに皇太子として決まっていたのに」
「正式に認められたわけではない。今のうちに何とかしなければ」
 どうやらロベスピエール公爵につく摂政派と呼ばれる者達のようだ。


 皇室議会が開かれた。
 もちろん議題は、皇太子の継承問題である。
 議会としては、アレクサンダー王子が皇太子ということは決定事項である。
*参照 第七章 反抗作戦始動 XⅢ
 だが、摂政派の貴族を承諾させるまでには至っていない。
「エリザベス様が、公爵殿を説得なされたのだが、首を縦に振られなかったそうだ」
「公爵殿さえ納得して頂ければ、他の貴族も従って頂けるのだが……」
「ともかく、国民の側に立てば圧倒的にアレクサンダー王子だ」
「そうだな、共和国同盟を解放させたことで、軍事的才能も証明された。もしジョージ親王を強引に立てたとすれば、国民暴動すら起きかねない」
「我が領土を侵略しようと虎視眈々と陰謀を巡らしている、バーナード星系連邦がある限り、ジョージ親王では容易く侵略されかねない」
 議員の中には、ロベスピエールの息の掛かった摂政派もいるのであるが、事ここに至っては自派の論を押し通すことは無理筋だろう。
「これ以上、議論の余地はないと思うがいかがかな?」
「そうだね。決を採ろうじゃないか」
 こうして、アレクサンダー王子の皇太子即位の儀式の日取りが決定した。

2020年11月14日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅷ

第九章 共和国と帝国

「敵艦隊、右翼に展開中です」
「どうやら、こちらに気付いたようです」
「敵艦の艦体温度上昇中!」
「戦闘態勢に入ったようです」
「識別信号は?」
「今なお出しておりません。完全無視です」
「敵艦隊およそ六百隻。我々を包囲しつつ接近中!」
 ここに至ってアレックスが動く。
「そうか……全艦戦闘配備!アーク・ロイヤルへ、艦載機全機発進!」


「敵さんは、こちらの勢力が二百隻と知って、六百隻にしたのかな?」
「艦隊数で三倍差があれば、たいがい勝ちますよね。ということは、事前にこちらの情報
を得ていた可能性大ですね」
 パトリシアが推測する。
「より多ければ勝利の確率も上がるが、隠密を是とする行動ではそうもいかんだろ。探知
されるのを防ぐためにも必要最低限というところだ。こちらが戦闘経験の少ない帝国軍だ
と甘くみているようでもあるがな……」
「提督が指揮を執られれば、それでも大丈夫なのでは?」
「ジュリエッタ艦隊とマーガレット艦隊の精鋭であることに違いはないのだがね」
「双方とも戦闘の経験は、ある程度あるはずです」
「それでも相手が連邦軍の残党だったら、百戦錬磨の経験があるだろう」
「殿下。その残党だか海賊だかは、やはり帝国側の息が掛かっているのは間違いないので
しょうか?」
 ジュリエッタが尋ねた。
「ああ、間違いないだろうね。私を一番煙たがっているのは誰かと考えればね」
「摂政派の貴族ということですか?」
「うむ……連邦は革命後の動乱で他国に干渉するだけの余裕はないだろう」

 スクリーン上に、艦載機群の戦闘によると思われる戦火の輝きが明滅する。
「はじまったな」
 その間隙を縫って、敵長距離ミサイルが迫ってくる。
「ミサイル接近中!」
「弾幕を張れ!」
 ネルソン提督が、すかさず下令する。
 近接防御火器システム(CIWS)が、迫りくるミサイル群を次々と撃ち落とした。
「前方の艦載機群の戦闘が終了したようです。敵機のほとんどは撃ち落とし、残りは撤収
したもよう」
「敵さんは空母を持ち合わせていなかったようだな」
「足の遅い空母は奇襲には向かないですからね」
「戦闘機を帰還させてくれ」
 戦闘機による攻撃が終われば、続いて艦砲射撃が始まる。
「敵艦隊接近中!」
「射程に入り次第、砲撃開始せよ」
「紡錘陣形!装甲の厚い戦艦を外側に配置して、この艦を守れ」
 ネルソン提督が、テキパキと指令を出し続ける。
 よほど間違った指令でもない限り、アレックスは黙って、指揮を任せていた。
 ジュリエッタ皇女艦隊の総司令官はネルソン提督である。
 それなりに自尊心もあるだろう。
 とはいえ、二百隻対六百隻では多勢に無勢、次々と撃破されてゆきジリ貧なりつつあっ
た。
 突如として、一隻の艦が特攻を仕掛けて来た。
 目の前に急接近する艦に怯えるオペレーター達。
 ぶつかると思った瞬間、味方艦が横から体当たりして、その特攻艦を排除した。
 安堵の吐息を漏らすオペレーター達。

「敵艦隊、我が艦隊を半包囲しました」
 着々と敵艦隊の包囲陣が完成しつつあった。
 いわゆる絶体絶命というピンチというところであろう。
 そんな中でも、全く動じずに冷静に振舞っているアレックスに、艦橋の人員は頭を傾げ
るしかない。
 共和国同盟の英雄とて、この状態を打破できるのだろうか?
 疑心暗鬼になり、逃げだしたくなるのだった。
 しかし、当の本人は冷静沈着だった。

「そろそろかな……」
 アレックスは呟き、手元の通信機を操作した。
「よろしく頼むよ」
 と一言送って通信を切った。
「今の通信は?」
 ジュリエッタが尋ねると、
「救援を頼んだのだよ」
「救援ですか?」
「そのうちに分かるさ」
 その直後だった。

「敵艦隊の後方に感あり!」
 オペレーターが報告する。
「援軍か!?敵か味方か?」
「敵の通信妨害で確認できません!」



11

2020年11月 7日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅶ

第九章 共和国と帝国

 その頃、アレックス坐乗するインビンシブルの後方で、密かに行動する艦隊があった。
 スザンナ・ベンソン少佐率いる旗艦艦隊二千隻である。
「輸送艦サザンクロスに、P-300VX特務哨戒艇を出して前方を索敵させて下さい」
 サラマンダーから支持を下すスザンナ。
 輸送艦サザンクロスは、タルシエン攻略の際に次元誘導ミサイルを搭載していた艦であ
る。今回の巡行には、P-300VXを積んでいた。
*参照 タルシエン要塞攻防戦
 歪曲場透過シールド発生装置を搭載して、電磁波はおろか光さえも透過させて敵に探知
されないという、戦艦百二十隻相当の予算が掛かっている秘密兵器である。
 サザンクロスからP-300VXが降ろされて、前方の彼方へと滑るように発進した。
 電子装備やら時空歪曲場シールドやらが、エネルギーを馬鹿食いするので長距離は飛べ
ず、索敵出動時以外は輸送艦に積まれて待機しているのである。
「P-300VX、インビンシブルの後方32光秒の位置に着きました」
「敵艦出現想定位置からの索敵範囲圏外になります」
「よろしい。そのまま待機せよ」
 獲物を狩るハンターのように、息を潜めてじっと待ち続ける。

 アレックスがトランターを出発する数時間前のことだった。
 呼び出されてアレックスの元を訪れたスザンナ。
「君に極秘の任務を与える」
「はい!!」
「私は、インビンシブルで帝国に出発する」
「サラマンダーではないのですか?」
「そうだ。私が以前に、帝国からアルビエール侯国へ向かう時に、海賊艦隊に襲われたこ
とがある」
「すると今回も海賊が?」
「それだよ。しかし、サラマンダー艦隊が連れ添っていれば、海賊は現れないだろう。わ
ざと防御を手薄にして見せることで、敵さんをおびき寄せることができるというものだ」
「内通者がいると?」
「おそらく、ジュリエッタ艦隊の中に紛れ込ませているだろう。そして、逐一艦隊の位置
座標を知らせる発信機かなんかを持っているはずだ。宇宙は広すぎる、予定進行ルートが
判明していても、それだけでは遭遇することは不可能だ」
「なるほど」
「それで、サラマンダーで後ろからサポートしてくれ」
「わかりました」
「まず最初に、P-300VXで通信傍受して、内通者のいる艦を特定して、インビンシ
ルの私に報告してくれ」
 さらに、綿密な作戦が伝達される。


 サラマンダー艦橋の正面スクリーンを見つめているスザンナ。
 そのはるか先には、アレックスの乗るインビンシルがいる。
 自ら囮となって、仇なす見えない敵をおびき出す計画。
 そして、その掃討のために、サラマンダー艦隊を預けてくれた。
 責任重大であるが、その絶大なる信頼に応えようと誓うスザンナだった。
「VXより入電。前方二時の方向に感あり!」
「識別信号は出していますか?」
「出しておりません。帝国及び共和国同盟の味方信号なし!」
「どうやら、敵と見てよいですね。全艦戦闘配備をしておきましょう。提督の合図次第で
す」

「それにしても、こうやって秘密裏に行動するってのはいかがなものでしょう?」
「提督は、これまで二回も海賊に襲われていますからね」
「帝国首都星アルデラーンとアルビエール侯国との往来でですね」
「そうです。今回の道行きにも、提督いえ、皇太子を亡き者にしようと企む摂政派の一派
が蠢いている可能性大です」
「大艦隊で移動していればともかく、少部隊ならば好機とするでしょうね」


「もう一度確認しておきます。敵の旗艦もしくは指揮艦は撃沈させずに、航行不能にして
鹵獲して下さい。指揮官を捕虜にして、黒幕を白状させるのです」
「接近接弦装備の確認」
「白兵準備!」


ポチッとよろしく!

11

2020年10月31日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 VI

第九章 共和国と帝国
VI

 銀河帝国皇太子として、やるべきことが山積みのアレックス。
 ジュリエッタ皇女の勧めもあって、ひとまず帝国に戻ることにした。
 トランターの事は、ルーミス・コール大佐に任せることにしたのである。

 トランター空港の高官専用発着場に、ジュリエッタ第三皇女専用の連絡艇が駐機してい
る。
 紫紺の絨毯が敷かれている上をアレックスが、その後ろに控えるようにジュリエッタと
マーガレットが歩みゆく。
 その両側に並ぶアレックスの配下の者と、銀河帝国大使以下の職員たち。
 アレックスが、それらの人々に一言二言話しかけながら、タラップに近づいてゆく。
 最前列に並んでいたスザンナ・ベンソンに話しかける。
「済まないが予定通りよろしく頼む」
「はい。指図通りに」
 思惑ぶりな挨拶を交わした後、連絡艇のタラップを上がる。
 やがて勇壮と空へと舞い上がり、宇宙の彼方へと消え去った。

 見送りを終えたスザンナは、踵を返してサラマンダー用連絡艇へと歩いていった。
「出航準備完了しております」
 タラップ入り口で迎えていた副長が報告する。
「よろしい。直ちにタルシエン要塞に向けて出発する」
「はっ!タルシエン要塞ですね」
 指令を復唱するも、意味ありげに口元が綻(ほころ)んでいた。


 帝国首都星アルデラーンへ向かう帝国艦隊。
 とはいっても、ジュリエッタ坐乗の巡洋戦艦インビンシブル、マーガレット坐乗の航空
母艦アーク・ロイヤルを含む総勢200隻ばかりの艦数である。
 遠征艦隊であるがために、いつまでもトランター周辺に留まっていては、食料をはじめ
として駐留経費が莫大になるからである。
 トランターの解放は成功したし、地方では自治領主達の簒奪も起こっている。
 がために、必要最低限の艦艇を残して、帝国へ帰還させていたのである。

 アレックスはインビンシブル艦橋の貴賓席に座っていた。
 ジュリエッタ第三皇女は、その席の側に控えて立っていた。反対側にはパトリシアが。
 銀河帝国の権威第二位である皇太子、皇帝亡き今はアレックスが実質上の最高権威者で
あることには間違いがない。
 上位であるアレックスに席を譲るのは当然であろう。
「定時報告です。只今トランターとアルデラーンとの丁度中間点に到達しました。
「よろしい。そのまま巡行せよ」
 ジュリエッタが応える。

「そろそろかな……」
 と呟いたかと思うと、通信士が報告した。
「共和国から連絡が入りました」
「分かった。こっちの手元に回してくれ」
 手元の通信端末の送受話器を取って会話する。
「ふむ……。分かった、そのままの態勢を続けて、連絡あり次第いつでも行動できるよう
にしておいてくれ」
 というと、送受話器を置いて通信を終了した。

「今の通信は?」
 ジュリエッタが尋ねるが、
「なあに定時報告通信だよ」
 と言葉を濁した。
「この辺りは、連邦軍の残党がまだ残っているはずだ。警戒は怠るなよ」
「御意にございます。索敵機など、十分すぎるくらいに配置しております」
「それなら結構」
 ややあって、通信士が緊張した声で報告する。
「索敵機より入電。前方二時の方向に感あり!」
「識別信号は出しているか?」
 ホレーショ・ネルソン提督が確認する。
「出しておりません。帝国及び共和国同盟の味方信号なし!」
「どうやら、敵と見てよいな。全艦戦闘配備!」
 ネルソン提督がジュリエッタをチラリと見て下令する。
 提督の権限は戦闘準備までは自分の範囲内にあるが、戦闘開始の命令権限はジュリエッ
タにある。

「さておき……。今回の帰還ルートは帝国には?」
「知らせております。中立地帯の手前で、護送艦隊がお迎えに来る手はずになっておりま
す」
「やはりね」
「内通者……ですか?」
「どうやら帝国には、私に生きていてもらっては困る連中がいるようからね」
 摂政派……。
 言葉には出さなかったが、艦橋内にいた者の多くが思い当たることだった。
 二度あることは三度ある。


ポチッとよろしく!

11

2020年10月24日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 V

第九章 共和国と帝国

 共和国軍の規定により中将への昇進を果たしたアレックス。
 銀河帝国への帰国を前に、共和国同盟軍の組織編制の大枠を発表した。

「それでは、新人事を発表する。名前を呼ばれた者は前に出てきてパトリシアから任官状
を受け取り給え」

「フランク・ガードナー。貴官を共和国同盟暫定政権軍令部総長及び絶対防衛圏守備艦隊
司令官に任じ、残存艦隊を適時再編成して全軍を統制させる。中将に任命する」
「ありがとうございます」
 と言ってウインクしてから、パトリシアから任官状を受け取って、元の席に戻る。

「ゴードン・オニール」
「はっ!」
 すくっと席を立って、アレックスの前に出る。
「ゴードン。貴官をタルシエン要塞駐留艦隊司令長官に任命し、少将の階級を与える。直
下の独立艦隊を新生第一艦隊として再編成させ配下におく。なお、銀河帝国客員提督とし
て同等の地位と待遇を与える」

 銀河帝国客員提督の地位と待遇には、帝国と同盟を行き来できる自由と、帝国艦隊を動
員できる資格を与えられるということである。

「ガデラ・カインズ」
「はっ」
「カインズ。貴官をアル・サフリエニ方面軍最高司令官に任じ、少将の階級を与える。カ
ラカス基地に第五艦隊、クリーグ基地に第八艦隊、シャイニング基地に第十一艦隊、以上
の三個艦隊を配下に治め、旗艦艦隊として直下の独立艦隊を正式に新生第二艦隊として発
足させる。またゴードンと同様に、銀河帝国客員提督の地位と待遇も与える」
「ガデラ・カインズ、謹んでお受けいたします」

 アレックスの配下となって以来、常にゴードンに先んじられ悔しい思いをしてきたカイ
ンズであるが、同時に少将となりほぼ同等の地位を与えられたのである。
 それを聞いて参謀のパティー・クレイダー少佐が小躍りして喜んだのは言うまでもない。
ゴードンの参謀である同僚のシェリー・バウマン少佐との出世競争がからんでいたからで
もある。彼女もまたカインズと同じ思いをしていたのである。

「リデル・マーカー」
「はっ」
「貴官には、絶対防衛圏守備艦隊艦政本部長としてその内の三分の一を統制していただき
たい。階級は少将です」
「かしこまりました」
 フランク・ガードナーの片腕であるリデル・マーカー准将も順当に昇進を果たした。

「最後に、パトリシアには連合軍統合作戦本部長の任についてもらう。准将として作戦面
での活躍を期待したい」

「ほー」
 という感嘆の声が一斉に漏れた。
 女性将軍がついに誕生したからである。


 新生共和国同盟軍として、今度の人事によりアレックスを筆頭にして、中将二名・少将
三名・准将七名の提督が元解放軍から、順当におさまったのである。
 しかし提督全員が任意退役してしまった旧総督同盟軍百万隻が再編成を待っており、少
なくとも少将三名・准将十四名が空位という勘定となっていた。
 功績点において、准将への昇進点に達している大佐達は、もちろん自分がいずれ艦隊司
令官に任命されているものと信じているはずだった。


 少将昇進点に達しているオーギュスト・チェスター准将だけは、将官で定年まで五年以
内の者は昇進から除外されるという定年期限により現役昇進からはずされて、退役後に名
誉少将を授けられることになった。
「申し訳ありません。出来ればあなたには、もっと働いていただきたかったのですが……
規則には従わなければなりません」
 アレックスは恐縮して、謝った。
「いえ。私は、提督の下で働けた数年間は、武人として誇りに思います。ありがとうござ
いました」
「といっても定年までまだ三年あります。後進の育成も大切な役目です。残りの時間を有
意義に使ってください」
 軍人が出世するには、実力以上に運が伴うことも非常に多い。武勲を独り占めするよう
な上官や、気に入った部下にだけ重要な職務を与えて、気に入らない部下には閑職しか与
えないといった司令官の下にいては、永遠に出世できないことになる。オーギュストも悲
運な武官といえるであろう。
 アレックスが准将となり、トライトンの後を継いで第十七艦隊司令官になった時、軍人
生活の最後の五年間で、アレックスという最上の上官を得て、ついに花開かせて素晴らし
い功績を残し、惜しまれて去っていこうとする。


ポチッとよろしく!

11

2020年10月17日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 IV

第九章 共和国と帝国
IV

 共和国同盟軍艦隊統帥総司令本部において、共和国同盟軍と銀河帝国軍双方に対しての
最高司令官たるアレックスは、その一部を帝国軍のために解放して第二皇女艦隊の臨時艦
隊司令本部を設置させた。同胞となったとはいえ別国家の軍隊の司令部が、同じ庁舎に入
居することは本来あり得ないのであるが、アレックスの推し進める連合艦隊構想に基づく
一環として、それぞれの参謀達は反論しなかった。慣例にのっとって別棟舎にすれば無難
かもしれないが、それではことあるごとに最高司令官たるアレックス自らが、いちいち官
舎を移動しなければならなくなる。第二皇女艦隊の参謀達にとっては、皇太子殿下にわざ
わざ足を運ばせることなどできるはずがない。
「トランター駐在帝国大使が、殿下に謁見を願いでておりますが、いかがなさいますか」
「会おう」
「はい、では」
 マーガレット皇女は向き直って従者に伝えた。
「通してよろしい」
「かしこまりました」
 従者が指示を受けて退室し、替わりに銀河帝国大使クジャート・バーミリオンが入場し
てきた。
 デスクの前に立ったかと思うとおもむろに片膝をつき、
「銀河帝国全権大使、クジャート・バーミリオンにございます」
「帝国大使が、いかなる用向きか」
 マーガレット皇女が皇太子であるアレックスに代わって要件を尋ねた。謁見の場合は、
まず重臣がその用向きを皇太子に代わって尋ねるのがしきたりであった。皇太子の判断を
仰がねばならない内容でない限り、重臣がすべて問題を受け答えする。
「は、帝国本星よりの通達事項をお伝えに参りました」
「聞きましょう」
「それではお伝えいたします。銀河帝国皇室議会は、アレクサンダー殿下を銀河帝国皇太
子として、ならびにパトリシア・ウィンザーさまを皇太子妃として、それぞれ正式に承認
いたしました。つきましてはアレクサンダー殿下におかれましては、銀河帝国皇太子とし
て帝国の全権を委譲いたします」
 一同の者が感嘆の声を上げた。
 アレックスとパトリシアは、向き直って見つめあった。
「ご苦労さまでした。下がってよろしい」
「はっ」
 大使はうやうやしく退室した。
「殿下。お聞きになられましたように銀河帝国は、殿下とお妃様を正式に承認いたしまし
た」
 マーガレット皇女が、アレックスに向き直り大使の報告を復唱した。
「それもこれも、マーガレットが尽力をおしまずにやってくれたおかげだ」
「当然のことをしたまででございます。つきましては、銀河帝国へお二人方々、早急にお
戻りになられますことが肝要かと存じます」
「帝国か……いいだろう。明後日に向かうことにしよう」
「かしこまりました。早速、第二艦隊に命じてご帰国の準備をさせます」


ポチッとよろしく!

11

2020年10月10日 (土)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 Ⅲ


第九章 共和国と帝国

 

 アレックスは統合艦隊総司令部に全幕僚を招集した。また帝国側から、マーガレット皇
女とジュリエッタ皇女、そしてその配下の提督達を呼び寄せていた。
「ところで座ったらどうだい。マーガレット」
 皇太子であるアレックスにたいしては、いかに実の兄妹であろとも最敬礼をつくさねば
ならない。同盟の提督達が着席しているのもかかわらず帝国の諸氏は不動の姿勢で立って
いたのだ。
「いえ。同盟の方々はともかく、我々は銀河帝国の人間です。皇太子殿下の御前において
は着席を許されません。どうぞお気がねなく」
「皇太子といっても、帝国ではまだ正式に承認されていないのではないかな」
「殿下はすでに宇宙艦隊司令長官に任命されております。皇室議会での承認はまだなされ
ておりませんが、これは事実上の皇太子として認められているからであります」
「宇宙艦隊司令長官は皇太子の要職だったな」
「さようにございます」
「私の皇太子の地位はともかく、共和国同盟最高指導者としての地位もあるのだ。そして
ここは共和国同盟下の首都星トランターだ。帝国の法律やしきたりは無用だ」
「ですが……」
「とにかく座ってくれ。こっちが話しずらいじゃないか。トランターにある時は、トラン
ターのしきたりに従ってくれ。最高司令官の依頼と皇太子の命令だ」
「は。ご命令とあらば……」
 皇太子の命令には絶対服従である。仕方なしに着席する帝国の諸氏。
「それよりも、殿下。私共をお呼びになられたのは、いかがな理由でございましょうか」
 マーガレットが尋ねた。
「先の同盟解放戦線では、解放軍と皇女艦隊が連携してことにあたったのだが、これをさ
らに推し進めて、正式に連合艦隊を結成するつもりだ」
「連合艦隊!」
 一同が驚きの声をあげた。
「誤解を招かないように先に念を押しておくが、これは連邦にたいして逆侵略をするため
に結成するのではないということだ。強大な軍事力を背景にして、連邦に容易には軍事行
動を起こせないようにし、平和外交交渉の席についてもらうためである」
「ミリタリーバランスと呼ばれるやつですな」

 

「ところでネルソン提督」
「はっ」
「現在の帝国の正確な艦隊数はどれくらいかな」
「帝国直属の艦隊が四百万隻と、国境警備隊及び公国に与えられた守備艦隊としての百万
隻を合わせて、都合五百万隻ほどになります」
「五百万隻か……だが、五百万隻といっても、同盟・連邦が相次ぐ戦闘で次々と新型艦を
投入してきたのに対し、長年平和に甘んじてきた帝国のものは旧態依然の旧式艦がほとん
どだということだが」
「さようにございます」
「しかも、乗員も戦闘の経験がほとんどないに等しいと。どんなに艦隊数を集めても、旧
式艦と未熟兵ばかりでは戦争には勝てない」
「確かにその通りですが、既存の艦隊を新型艦に切り替えるにも予算と時間が掛かり過ぎ、
また資源的にも短期間では不可能で問題外でありましょう」
「そうだな、不可能なことを論じてもしかたがないだろうが、将兵を再訓練する必要はあ
るだろう。今のままでは帝国軍五百万隻をもってしても、同盟・連邦軍二百万隻にはかな
わないだろうな」
 アレックスの言葉は、すなわち今帝国が同盟ないし連邦と戦争する事態になれば、かな
らず敗れることを断言したことになる。しかしこれまで数倍の敵艦隊にたいして戦いを挑
み勝ち続けてきたアレックスの実績を知るものには、信じて疑いのない重き言葉となって
いた。ネルソンにしても、完璧な布陣で艦隊を率いていたにもかかわらず、十分の一にも
満たない艦数でいとも簡単にマーガレット皇女を奪われてしまった、その実力を目の当た
りにしていては反論する余地もなかった。

ポチッとよろしく!

11

 

2020年10月 4日 (日)

銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 II

第九章 共和国と帝国
フィッツジェラルド家


 軍事的にも政治的にも、着々と改革を推し進めていくアレックスであったが、どうあが
いてもままならぬ一面があった。
 経済である。
 そしてそれを一手に掌握するフィッツジラルド家とどう対面するかである。
「死の商人」
 と揶揄される一族だった。
 一般市民達は平和であることを望む。
 しかし、武器商人達は平和であっては、飯の種がなくなってしまう。
 次々と最新鋭戦艦を開発生産する大造船所と、死の商人達を傘下に擁する彼らにとって
は、太平天国の世界よりも戦乱動地の世界の方が、居心地がいいはずだ。いずれ彼らの手
によって戦乱の世に導かれていくのは目にみえている。
 たとえばだが……。

 地球日本史において、真珠湾攻撃と呼ばれる奇襲攻撃があったが、米国は事前に察知し
ていた?という陰謀論説がある。
 大日本帝国海軍の真珠湾攻撃を、アメリカ合衆国大統領のフランクリン・ルーズベルト
が、「事前察知をしながらそれをわざと放置した」という説である
 戦争になれば、戦闘機を製造するロッキード・マーチン社やマクドネル・ダグラス社、
、航空母艦ではニューポート・ニューズ造船所などが潤うのだ。
 短期戦では日本に一時的にも追い込まれるだろうが、長期戦に持ち込めれば経済力で日
本に逆転できるとの判断がなされた。

 そういった戦争を望む商人達が、大統領を裏で手を引いていたというのだ。
 ちなみに、幕末に活躍した長崎のトーマス・グラバーも武器商人として来日していた。
 数ある資産家の中でも、その名前を知らぬ者はいないといわれるフィッツジラルド家は、
全銀河の経済覇権を実質上握っていた。共和国同盟内はもちろんのこと、銀河帝国との通
商貿易の九十五パーセントを独占し、連邦側とも闇貿易で通じていると噂されていた。 
 戦時下においては、最も利益を生み出すのが武器の輸出である。そこに暗躍するのが死
の商人と呼ばれる武器輸出業者である。金さえ出してくれれば、敵であろうと誰であろう
と一切関知しない。必要なものを必要なだけ調達して、指定の場所へ運んでやる。
 そしてそれらの死の商人達を影で操っているのが、フィッツジラルド家なのである。

 かつて第二次銀河大戦が勃発し、統一銀河帝国からの分離独立のために立ち上がった、
トランター地方の豪族の中でも最大財閥として、当時の独立軍に対して率先して最新鋭戦
艦の開発援助を行っていたのがフィッツジェラルド家である。

 その総資産は銀河帝国皇室財産をも遥かに凌ぐとも言われており、資本主義経済帝国の
帝王と揶揄されている。
 ことあるごとにランドール提督を目の敵としていた、かのチャールズ・ニールセン中将
もまた彼らの庇護下にあったのだ。
 政治や軍事には直接介入しないが、実力者を懐柔して裏から支配する。

 そんなフィッツジェラルド家の当主が、アレックスに面会を求めてきた。

 トリスタニア共和国は解放されたものの、銀河にはまだ平和は訪れていない。
 バーナード星系連邦との戦争は継続中である。
 そのためにも、軍備の増強も必要であろう。
 あらたなる戦艦の建造は無論のこと、被弾した艦船の修理には彼らの協力を得なければ
ならないことは明白である。
 武器商人との取引も避けては通れないのである。


「アンジェロ・フィッツジェラルドです」
 と名乗った相手は、恰幅のよい体系の50代半ばの男性だった。
 機動戦艦ミネルバを造った造船所を所有している。
 トランターが連邦軍によって陥落された後には、何の躊躇いもなく総督軍にくみして、ミ
ネルバ級2番・3番艦を建造して、メビウス部隊掃討の手助けをした。
 その時々の権力者に媚びへつらって、財力を蓄えて経済面から支配するということだ。
「アレックス・ランドールです」
 差し障りのない挨拶を返す。
「それにしても……。さすがですなあ。総督軍との戦いぶり、じっくりと鑑賞させていた
だきましたよ」
 解放軍及び帝国軍混成艦隊と総督軍との戦いは、TV放映を許可していたから、当然共
和国でも視聴できたということだ。
 それから、軍事や経済に関わる話題が交わされる。
 二時間が経過した。
「どうも長らくお邪魔致しました。今後ともお付き合いよろしく御願いします」
 共和国の軍部最高司令官と、経済界のドンとの会談は終わった。
 何が話されたかは、想像に容易いことだと思われる。


ポチッとよろしく!

11

«銀河戦記/鳴動編 第二部 第九章 共和国と帝国 I